マスクで托鉢

今の時期、庄内平野の田には満々と水が湛えられ、キラキラと遠くの山々を映し出します。遠くの山々の新緑もとても力強く一年のなかでとても気持ちの良い時期です。

善寳寺では毎月25日に決まって托鉢を行っています。


コロナウイルスの対応の為マスクをしながら歩いて回ります。読経をしながらですので、なかなか大変です。


このような状況でも地元の方々の信心は変わらず厚く、修行僧達の支えとなっております。
有難い限りです。